院長ブログ

2017.02.27更新

今年もそろそろ来ていますnnn

私にとって憂鬱な花粉症>> の時期がやってきましたnamida

私を悩ますアレルゲンは、この時期2月下旬から4月一杯
にかけて大量に飛散するスギとヒノキです 。
秋のブタクサもアレルゲン検査では陽性にはなっていますが、
特に反応はでません。反応の強さと飛散量は相関するようですね。

今年もかなりの花粉の飛散量と予報が出ていますから、
今からブルーになってます。。。tears

対策としてはやはりいかに目や鼻、のどの粘膜に花粉の
暴露をさせないかにかかっていますので、コンタクトを
外して目の粘膜を刺激しないようにする。メガネをかける。
マスクをする。うがい、シャワー浴にて粘膜に付いた花粉を除去する。
など、、、まあ、ありきたりの対策しかありませんが。

そして、どうしても避けきれなかった花粉により、アレルギー反応
(目のかゆみ、くしゃみ、鼻水、鼻つまり)が出てしまった場合には
内服薬や点眼、点鼻薬による抗アレルギー剤を使用して、
反応を軽減するしかありません。

花粉症でお悩みの方、私自身がかなりの重症患者ですので、
共感し合えると思います。この時期はメガネとマスクをして
おりますので、素顔をさらけ出すのは当分先になりそうです。hun

当院では、食物や花粉、ハウスダスト、ダニを含めた、
36項目のアレルギーの原因を一度に調べられる検査を実施しています。
保険適応で、小さなお子様でも検査ができます。

アレルギーの原因は、私たちの周りのいたるところに存在し、
1人が複数の原因アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)
を持っていることもあります。

原因を知ること、それがアレルギー治療の第一歩です。


一生に一度は、すぐに分かるこちらの血液検査で、
ご自身のアレルゲンを確認してみましょう。

花粉症、つらいですが、一緒に乗り切りましょうflower2

投稿者: すがわら泌尿器科内科

  • すがわら泌尿器科・内科 院長ブログすがわら泌尿器科・内科 院長ブログ
  • ドクターズファイルドクターズファイル
  • 当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました