泌尿器科のお悩み

男性のお悩み・症状

男性泌尿器科

当院では、排尿障害・頻尿・血尿・尿管結石・前立腺肥大症・前立腺がん・PSA高値・ED・包茎手術など泌尿器科全般の検査、診断、治療を行います。泌尿器科は自覚症状がない病気も多い領域です。少しでも気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

尿が出にくい・尿がちょろちょろ出る

疾患 前立腺肥大症または神経因性膀胱が疑われます
治療 超音波検査や尿流量測定、残尿測定等の検査や病歴から診断、治療を行っていきます。まずは内服薬での反応をみながら評価していきますが、効果が不十分な場合には患者さん個々の状態を把握し手術などの適応を見極めていきます。

尿が近い・夜間に頻繁にトイレに行く

疾患 過活動膀胱、または神経因性膀胱や前立腺肥大症が疑われます
治療

いずれの場合もまずは内服薬を服用することで症状を緩和していきます。

頻尿は、高血圧や糖尿病などが原因で発症する場合もございます。気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

尿に血が混じっている

疾患 尿路上皮癌(腎盂、尿管、膀胱、前立腺、尿道)、進行性腎癌、尿路結石などが疑われます
治療 血尿にはさまざまな疾患がひそんでいる可能性がありますので、まずは超音波や尿細胞診、内視鏡など、必要な検査を行って疾患を特定していきます。

排尿時に痛みがある・ペニス先端の赤み

疾患 性行為感染症(STI)に代表される症状です
治療 まずは尿検査により細菌感染しているかどうかを調べ、細菌感染していた場合には抗生剤で治療していきます。

陰嚢がはれる

疾患 精巣上体炎や精巣炎または陰嚢水腫、精巣がん、鼠径ヘルニア、精索静脈瘤などが疑われます。
治療 炎症疾患は、痛みを伴い、局所クーリングと抗生剤や鎮痛剤等の対症療法で数日から1週間ほどで軽快します。
痛みが伴わない場合は陰嚢水腫や精巣がん、鼠径ヘルニアが疑われますので、まずは触診と超音波検査で診断します。
精索静脈瘤は重っくるしい鈍痛が断続的に続きます。触診と超音波で診断します。 

腰や背中に痛みや違和感を感じる

疾患 尿管結石が疑われます
治療 結石の大きさによりますが、飲水励行と内服薬によって自然排石を促すことでだいたい排石可能です。
自然排石できない場合は、通常1-2か月ごとの経過観察を行い、必要であれば内視鏡下での結石破砕術か、体外衝撃波での破砕を試みます。 

会陰部(肛門と陰嚢との間)が痛い

疾患 前立腺の炎症が疑われます
治療 急性前立腺炎の場合は発熱や頻尿、残尿感、時にはおしっこが出なくなり苦しくなる尿閉などの症状を呈します。内服抗生剤や点滴で対応します。

また、慢性前立腺炎の場合、座っている状態が長く続く職業の方や、ツーリングが趣味の方に多く見られます。この場合、痛みなどの自覚症状はあるのに検査では異常なしとなります。会陰部の圧迫や血行が悪くなることで症状が誘発されると考えられますので、前立腺の炎症やむくみを緩和する生薬や、漢方薬などを中長期的に服用しながら経過をみていきます。
根治も望めますが、数週間後や、数か月後に再発して、お薬を再開される方もいらっしゃいます。うまく付き合っていこうという姿勢が大事な疾患です。 

亀頭が赤くなる・しこりがある・にわとりのとさかのようなものができた

疾患 陰茎癌が疑われます
治療 わが国では頻度が少なく、人口10万人に0.4~0.5人程度と非常にまれな疾患です。60歳前後に多く、包茎や外陰部の不潔、HPV(ヒトパピローマウィルス)感染などにより発症する可能性が高くなります。組織診断の後、手術にて摘出します。
症状

子どもができない

疾患 不妊症が疑われます
治療 近年は、妊娠を希望をするカップルのうち、8組に1組が不妊症であると報告されています。

当クリニックでは不妊治療は行っておりませんので、採血による内分泌学的検査と、精液検査、陰嚢超音波での診断により、男性側の検査のみを行い、治療の必要性のあると考えられた方を不妊治療専門の施設へご紹介させていただきます。

健康診断でPSA値(腫瘍マーカー)が高いといわれた

疾患 前立腺がんが疑われます
治療

PSA値はさまざまな要因で高くなることがあるので、一般的に針生検を行い確定診断を行います。また、近年ではMRIによる画像診断でも病巣の把握ができるようになってきたため、無駄な生検を行わないための一助となっています。

コラム:PSA高値=前立腺がんとは限らない!?

前立腺がんは高齢者に多いがんであり、わが国では2006年の罹患数は年間約4万2000人で男性における部位別発生順位の第4位、また2009年の死亡数は約1万人で男性における死亡順位の第6位でした。また2020 年には肺癌に次いで 2 番目の罹患数になると予測されています。

コラム:PSA高値=前立腺がんとは限らない!?

前立腺がんは前立腺肥大症と違い、症状が現れにくいのが特徴です。そして、おしっこの出がおかしいなどの症状が現れたときにはがんが相当進行していることを示しています。そのため、発見が遅れて進行がんの状態で見つかることも珍しくないため、近年では50歳以降の方には地域ごとにPSA検診を推奨されているケースが多くなりました。

ただし、PSA値が高いからといって100%前立腺がんであるというわけではありません。なぜなら、PSA値はさまざまな条件や環境に影響されて上昇してしまうため、がんではないのに高い値が出てしまうことがあるからです。

前立腺がんかどうかは、血液検査、生検やMRI検査によって分かります。PSA値が高く出てしまった方は、まずは当院にご相談ください。

男性更年期障害

うつっぽい・元気がでない・ED・肥満などの不調は男性ホルモンの低下による男性更年期障害が原因かもしれません。更年期障害は簡単な検査で分かります。おひとりで悩まずにまずはご相談ください。

 

性欲と勃起機能の減退、疲労感、抑うつ、短気などに伴う気分変調、睡眠障害、筋力低下、内臓脂肪の増加など

疾患 男性更年期障害が疑われます
治療 診断にはうつ病との区別が必要であり、血中のテストステロン値を測定すれば更年期障害であるかが分かります。更年期障害であれば男性ホルモン補充療法により治療していきます。

コラム:男性更年期障害はうつ病ではありません ~誤診をふせぐために~

  • 【コラム】男性更年期障害はうつ病ではありません ~誤診をふせぐために~
  • 男性ホルモンの代表格のテストステロンは更年期になると男性の機能低下により十分に作られなくなります。

    テストステロン量の低下は気持ちが落ち込みやすくなる、いわゆるうつ病に類似する症状になります。これにより男性更年期障害にもかかわらずうつ病と誤診をされ、抗うつ薬を処方されるケースがあります。

    男性更年期障害はうつ病ではありませんので抗うつ薬は効きません。治療にはテストステロンの補充が必要です。しっかりと検査を行い適切な治療をしましょう。

    ●診断は採血による血中テストステロンの測定で診断ができます
    ●治療はテストステロンの補充が必要です

更年期障害の仕組みと症状

女性のお悩み・症状

女性泌尿器科

膀胱炎や尿もれは女性に多く見られる病気で特別な疾患ではありません。軽度であればお薬と簡単な筋力トレーニングで改善します。おひとりで悩まずにお気軽にご相談ください。

排尿時に痛みがある

疾患 膀胱炎が疑われます
治療 女性に多く見られ、よく知られている疾患ですが、早めに抗菌剤で対処しないと逆行性感染を引き起こす可能性があります。逆行性感染は、急性腎盂腎炎の発症、高熱、背部痛が出現し、ひどくなると敗血症に進展するケースもあります。たかが膀胱炎されど膀胱炎と認識し、早めの対応をおすすめします。

コラム:女性に多い膀胱炎~泌尿器科に行くべき?それとも内科?

  • コラム:女性に多い膀胱炎~泌尿器科に行くべき?それとも内科?
  • 泌尿器科の病気の中で女性に一番多いのが膀胱炎です。しかし、泌尿器科はなんとなく恥ずかしく内科を受診する方が多く見受けられます。
    軽度の膀胱炎であれば内科で処方される薬だけで治る場合がありますが、薬が効かない・原因が他にあったなどの場合は間違った治療を続け症状を悪化させてしまう可能性があります。
    このようなケースを避けるため、最初から泌尿器科での詳しい検査をおすすめしますが、そうは言ってもやはり恥ずかしい、軽度だと思うから内科でいいのでは?と思う方は、ぜひ一度当院の内科をご受診ください。泌尿器科と内科の知識を持った院長が適切な治療をご提案いたします。

尿が近い・尿がもれる・夜間に頻繁にトイレに行く

疾患 過活動膀胱が疑われます
治療

まずは膀胱炎との鑑別が必要なため、尿検査を行います。細菌が存在しなければ過活動膀胱として内服薬を処方し、症状を緩和していきます。

頻尿は、高血圧や糖尿病などが原因で発症する場合もございます。気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

尿に血が混じっている

疾患 尿路上皮癌(腎盂、尿管、膀胱、前立腺、尿道)、進行性腎癌、尿路結石などが疑われます
治療 血尿にはさまざまな疾患がひそんでいる可能性がありますので、まずは超音波や尿細胞診、内視鏡など、必要な検査を行って疾患を特定していきます。 

尿もれ

疾患 尿失禁です
治療 失禁は妊娠、出産、更年期、加齢などの女性のライフステージの中でよく現れる症状です。近年では、ストレスなどの精神的影響から若い女性にも見られるようになりました。

「恥ずかしい」という気持ちが大きい症状ですが、特別な疾患ではありませんのでお気軽にご相談ください。通常は服薬と簡単な筋力トレーニングで改善します。 

コラム:尿もれの主なタイプ

  • 腹圧性尿失禁

出産歴のある女性に多く見られ、尿道括約筋の締まりが弱いことが原因です。まずは骨盤底筋体操で随意筋である尿道括約筋を鍛えることで改善を図っていきます。補助的に膀胱を弛緩させやすくする薬を投与することがありますが、上記の方法で改善しない場合には手術療法で対応することになります。

  • 切迫性尿失禁

膀胱の知覚が過敏になり、少量の尿が貯まっただけですぐに尿意をもよおし我慢できなくなり、トイレに行くまでに間に合わず失禁してしまう状態です。膀胱の知覚を鈍麻にし、排尿筋を弛緩させる内服薬を服用することで症状を緩和させていきます。

  • いつ流性尿失禁

脳脊髄疾患や末梢神経である骨盤神経の障害により、膀胱の知覚障害や収縮力障害が起こり、大量の尿が膀胱内に貯留し失禁してしまう状態です。ほとんどが上記に述べた神経疾患が基礎にあるので、まずは神経疾患の治療を行い、膀胱の収縮力を強める薬や尿道の抵抗を軽減させる薬を併用します。それでも残尿が減らない場合には自己導尿や膀胱尿道カテーテルを留置することで腎機能を守ります。

  • 混合性尿失禁

上記の切迫性と腹圧性を併せ持つ尿失禁の状態です。治療は服薬と骨盤底筋体操を行います。

膀胱炎について

膀胱炎は特に女性に発症しやすい泌尿器疾患で、およそ5人に1人が経験していると言われています。その症状として多いのは「排尿する時に痛い」「尿が近い」「残尿感がある」の3つで、原因は8割以上が大腸菌で、肛門と尿道の位置が男性より近いため、そして尿道が男性より短いため、女性の方がどうしても発症しやすくなってしまいます。悪化すると背中まで痛んできて熱が出ることもあり、場合によっては入院しなければなりません。早めに治療を受ければ抗生剤を飲むことで改善していきますので、少しでもいつもと違う感じがしたら、すぐに診察を受けるようにしてください。また、接客をされていてトイレを我慢しなければならない方は、特に膀胱炎になりやすいため、意識してトイレに行くようにしましょう。また、水分を多めに摂って体内に古い尿が溜まらないようにすることも大切です。

お子さまのお悩み・症状

小児泌尿器科

なかなか治らないおねしょやおちんちんの痛みなどお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

おねしょが治らない

疾患 正式には夜尿症と呼ばれ、幼稚園年長で15%、小学校低学年で8%、高学年で5%程度の児童に見られるといわれています。
治療 成長とともに自然に消えていくことが多く、またお子様の成長には個々に差があるため、あまり周囲と比較しないことが大事です。

ただ、お子さん本人が悩みだしてしまった場合には生活習慣の改善策として、夕飯後の飲水摂取を控えることや塩分摂取を控えることなどから開始します。また寝つきが悪かったり、熟睡感が得られないことも原因となりますので、夜更かしをしない、静かな環境で就寝することも必要です。また日中尿意を感じたらそこからなるべく尿を我慢することで膀胱容量を増大させる訓練を行います。

それら生活指導で改善されない場合には、夜間尿量をコントロールする抗利尿ホルモンの内服薬や点鼻薬、また膀胱容量の増大を図る抗うつ薬や抗コリン薬などを開始します。 

おちんちんが赤く腫れている、おちんちんが痛い

疾患 亀頭包皮炎が疑われます。
治療 乳幼児期にみられる症状で、真性包茎により亀頭と包皮が炎症により強固に癒着し、痛みやときに膿が排出されます。

軽症の場合は入浴時のシャワー浴と抗生物質の軟膏で対応できますが、炎症が強く膿が出ているような場合は、包皮と亀頭との癒着剥離を行うことで改善します。 

陰嚢に左右どちらかの精巣が触れない

疾患 停留精巣が疑われます
治療 精巣は左右に1つずつ存在し、胎生期におなかから徐々に下降してきて最終的には陰嚢内に納まります。ところが、その途中で異常を起こすことで陰嚢内に降りてこられず、途中に留まってしまう状態が停留精巣です。

小児科での乳児健診で発見され、泌尿器科に紹介されることが多く、触診と超音波で診断します。停留精巣が問題なのは将来的に精巣腫瘍(がん)を発症するリスクが正常に比べ数倍から数十倍ぐらいになるといわれているためです。治療としては、手術で精巣を陰嚢内に納める精巣固定術を行います。 

内科のお悩み・症状

内科

風邪や花粉症はもちろん、泌尿器科疾患につながるおそれのある高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の治療も行います。治療に向けて日々の服薬や生活改善など一緒に頑張っていきましょう。

インフルエンザ

治療 抗ウィルス剤を服用することで数日で改善されますので、重症化する前に早めにお越しください。

花粉症

治療 抗アレルギー薬や、眠気を伴わない漢方薬などでの対症療法で症状を緩和していきます。

かぜ症候群

治療 風邪は万病のもとといわれるように二次感染で肺炎や尿路感染を併発することがあるので、早めに受診してください。

高血圧

治療

高血圧は患者数の最も多い生活習慣病です。生活習慣の改善や薬の服用により、治療をしていきます。

また、頻尿などの泌尿器科疾患を誘発しやすい疾患でもありますので、それらを未然に防ぐためにも早期の治療が大切です。

高脂血症

治療

高脂血症は、肥満や動脈硬化、ひいては脳梗塞や心筋梗塞をひきおこす注意すべき疾患です。
食生活の改善、運動療法はもちろんのこと、禁煙などの動脈硬化の可能性を減らす治療を同時に行うことが重要です。これらを改善しても効果不十分な場合には内服薬による治療に移ります。

高脂血症

糖尿病

治療

食事療法や運動療法を行うよう指導し、2,3か月続けても改善がみられない場合には薬物療法を行います。血糖コントロール不良の場合には糖尿病専門医へ速やかにご紹介します。

中長期的には頻尿などの泌尿器科疾患や、合併症のリスク(網膜症、腎症、神経症)が懸念されるため、低血糖に留意しながら個々に応じた治療法を見出していく必要性があります。

高尿酸血症

治療 痛風発作や、尿路結石の形成につながる症状です。生活習慣の改善でも尿酸値に変化がない場合には尿酸値をさげる薬を服用します。
  • すがわら泌尿器科・内科 院長ブログすがわら泌尿器科・内科 院長ブログ
  • すがわら草の徒然なるままに…すがわら草の徒然なるままに…
  • ドクターズファイルドクターズファイル
  • 当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました