院長ブログ

2017.02.07更新

先日、昨年末より3日に1回のペースで、

血尿が続いている。>>

という方が受診されました。

まず、診察の後に腹部超音波を施行した際に、
右腎結石が2個。また、左の腎盂の拡張が認められました。
膀胱内はしっかりと尿が貯まっている条件下で
確認しましたが、腫瘍や結石を認めませんでした。

尿検査上も顕微鏡レベルでの赤血球数が
毎視野に多数認められておりました。

腹部レントゲンも施行したところ、
超音波で認められた右腎結石以外に、
左尿管結石も認められており、
超音波で認められた左腎盂拡張は
左尿管結石によるものと判明しました。
また、悪性細胞の有無を調べる尿細胞診の
検査でもクラスⅡという結果で、陰性でした。

ここまでの所見で、大方尿路結石による
肉眼的血尿でほぼ決まりかなというところですが、やはり


顕微鏡的血尿とは異なる扱いをしなければならず、
万が一膀胱内の小さな腫瘍性病変を見逃していたりする
可能性がゼロではない。


ということを患者さんにお伝えし、
快く承諾されたため、内視鏡で、膀胱内を
観察することとなりました。

 

ここで患者さんに承諾が得られなければ、
検査は行われていませんでした!!

 

現在の膀胱内視鏡はかつての硬性鏡とは異なり、
胃カメラや大腸カメラと同じで軟性鏡>>

のため、大きな苦痛を感じることなく5-10分程度で
検査を終了できるためあまり怖いものと
身構えずに行えるようになりました。

話は戻りますが、結局内視鏡を行った結果、
先ほどの患者さんの膀胱内には小さな
早期の膀胱がんが2か所に発見されました。

 

エコー所見をうのみにせず、しっかり内視鏡検査
を行ってよかった!見逃さずに見つけられてよかった!


と患者さんともども肝を冷やすと同時に、
安堵の気持ちにさせられました。

すぐに近隣の施設に紹介し、膀胱がんの内視鏡手術
を優先に、その後、尿路結石に対する破砕術も
行ってもらうこととなりました。

健診での顕微鏡的血尿の精査で訪れる方、
肉眼的血尿で自ら訪れる方、血尿には色々
な情報を与えてくれるきっかけとなる症状です。

 

特に症状のない無症候性肉眼的血尿にはご用心を!!

投稿者: すがわら泌尿器科内科

2017.02.06更新

勤務医時代は、漢方に興味がありつつも勉強をする時間が
なかなか取れず、残念ながら日々の診療で使用する機会は
あまりありませんでした。fun

開業してからは、すぐにオペという選択肢が無くなったせいもあり、
西洋薬でなかなか症状の改善が見られない方に漢方薬を使用して
みる機会が増えるにつれ、「合う人、効く人には本当に効果がある。」
ことを実感するようになったことで、漢方医学に増々興味を持つ
ようになり、只今勉強中です。up arrowglitter

西洋薬は、、、
「ピンポイントに症状や臓器に対して狙い撃ちする。」のに対し、

漢方は、、、
「ターゲットの症状や臓器に対して直接的な作用よりも

間接的に外堀から攻めていって最終的にターゲットに作用する。」
といった感じで、全くと言っていいほどコンセプトが異なります。

 

また、同じ症状でもある人には効く薬でも、ある人には効かなかったり、
“マッチング(相性)”がとても大事になるのも、
西洋薬とは異なっている点であると感じています。

 

理学的所見(触診、打診)の取り方も我々が習ってきた医学とは
異なっており、まだまだ奥が深く、難しい領域ですが、少しずつ
勉強していきながら、日々の診療に役立てて行きたいと思います。niglitter2

投稿者: すがわら泌尿器科内科

2017.02.06更新

 

インフルエンザ>>

が流行期を迎えていますね。gan

 

今年の傾向として、当院においてはこの時期までA型がほとんどで、B型は1例しか見ていません。昨年はA型、B型ともに同じぐらいの比率だったと記憶しております。。。

中には発熱なく、頭痛やだるさのみで来院され、
念のために行ったインフルの検査で陽性となる方
もいらっしゃいます。

医療は”疑わしきは罰する”の精神でいなければなりません。

万が一症状のみでインフルを否定してしまい、
検査をせずにインフルを見逃してしまったら、
一人のインフル感染者が公共交通機関を利用したり、
勤務先に出勤し、多大な人に迷惑をかけてしまいます。。。

ご自分で少しでも「おかしいかな?」と疑ったら、
すぐに医療機関を受診して、

 

”疑わしきは罰する”


の精神でインフル検査を受けてくださいね pue

投稿者: すがわら泌尿器科内科

2017.02.01更新

今年も早いもので一か月が経ちました。glitter

年末年始に崩れた生活のリズムも取り戻し、年始に立てた「今年の目標」を見直す時期でしょうか(笑)gya

忘年会に新年会、、、お酒を飲む機会も多かったことと思います。楽しいお酒はリラックス効果も高く、
良いものですが、くれぐれもお酒の飲み過ぎには気を付けましょう!

 

泌尿器科的には、お酒を飲み過ぎると利尿作用で尿量が産生過多となり、
アルコールの作用が脳の中枢に対し感覚を鈍麻にすることで
尿意を感じにくくさせます。膀胱が過伸展(膀胱が伸びきってしまうこと)し、
さらに前立腺がむくむことによって尿道が圧迫され、おしっこが
出なくなる現象「尿閉(にょうへい)」となります。

かなり苦しく、下腹部が痛くなり、救急要請となる事態となります。
一刻も早く尿道からクダを入れる導尿をして、
膀胱内の尿を外に出さないと、苦しいだけでなく、
急性腎不全(急性腎後性腎不全)(尿毒症)の状態にまで発展する
危険性があります、、、

勤務医時代に当直をしていたとき、年配者に限らず、
若い男性でも、急性アルコール中毒で泥酔状態になった方の尿閉で
導尿することがしばしばありました。。。un

 

という訳で、
お酒の飲み過ぎには注意してくださいね!

 

投稿者: すがわら泌尿器科内科

2017.02.01更新

 

開院以来、お子様の患者さんの割合が高く、少々驚いています。nyan
それだけお母様方の関心が高いながらも、人に聞きにくい。
聞くのが恥ずかしい。病院に行くにしても、今一つどこにかかって
よいか分からない。ということなのかもしれませんね。。。

男の子を持つお母様は、一度は気にかけたことがあるのではないでしょうか?
異性であるがゆえに男の子の陰部のことは分からない。おねしょのことも気になる。
など、少しでもご心配なことがございましたら。専門である泌尿器科に、
ご相談なさってみてください。glitter

具体的な症状と治療についてはホームページ内にも「お悩み別・小児泌尿器科>>

コーナーを設けております。

 

当院では、絵本などもご用意して、お子様にも居心地の良い空間をつくり、
お待ちしております。

 

お子様自身も「リラックスして診察を受けられる。」ことが肝心ですよ! star

投稿者: すがわら泌尿器科内科

2016.11.22更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: すがわら泌尿器科内科

前へ
  • すがわら泌尿器科・内科 院長ブログすがわら泌尿器科・内科 院長ブログ
  • ドクターズファイルドクターズファイル
  • 当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました当院のドクターが泌尿器科専門医として紹介されました