淋病・クラミジアについて【すがわら泌尿器科・内科クリニック】 淋病・クラミジアについて【すがわら泌尿器科・内科クリニック】

DISEASE

疾患から探す
DISEASE

淋病・クラミジア(性感染症 STI)

症状

  • (男性)尿道からさらさらした透明、または乳白色の分泌物がある
  • (男性)排尿する時に軽い痛み・激しい痛みが走る
  • (男性)尿道から、黄白色の濃い目の分泌液が現れる
  • (女性)おりものの量が増えた
  • (女性)生理ではないのに不正出血する
  • (女性)下腹部が痛む
  • (女性)性交時に痛みが出始めた
  • など

上記のような症状の方は、淋病・クラミジアに感染してしまっている可能性があります。しかも半数以上が自覚症状がほとんどなく感染に気づくことが出来ていないという病気でもあります。また、感染期間が長いと不妊症や子宮頸管炎(女性)・骨盤内炎症疾患(女性)・精巣上体炎(男性)などを引き起こす原因になることもある、非常に危険な性感染症です。淋病とクラミジアは20%〜30%程度合併していることがあるため、しばしばセットで扱われます。

淋病とクラミジアは症状が似通っており、症状だけでは判断が難しい為、専門の泌尿器科の診察と検査を受診されることをお勧めいたします。

淋病・クラミジア(性感染症 STI)とは

【淋病】
淋菌と呼ばれる菌に感染することで発症してしまう、性感染症の一つです。性行為(セックス・オーラルセックス・アナルセックス)などの粘膜接触で感染するためとても感染しやすいのが特徴です。一度の性行為で30%〜50%の確率で感染するとも言われております。
尿道炎を起こすので、激しい排尿時痛や尿道の違和感・尿道からどろっとした膿が出ることで気づくことが多いです。

淋病感染症をそのままにしてしまうことで男性は精巣上体炎、女性は骨盤内感染症となってしまい、不妊症を引き起こすことになりかねません。軽く受け止めず、違和感があればすぐに泌尿器科で検査を受けることが重要です。
また淋菌は近年薬剤耐性を獲得していることが問題として挙げられています。つまり治療がどんどん難しくなるということです。しっかりと対策をとって予防することがますます重要になってきています。


【クラミジア】
日本で最も感染報告の多い性感染症で、クラミジア・トラコマチスという病原体が性行為などにより粘膜に感染して発症します。若い世代の感染が拡大しており、5人に4人が自覚症状が無いという報告もある隠れて進行する病気です。オーラルセックスにより、喉に感染する咽頭クラミジアという感染パターンも存在します。
男性の場合は、尿道や肛門や喉。女性の場合は、膣や喉に感染します。症状としては、男性は排尿時痛やさらさらとした分泌液が尿道から分泌されます。女性はほとんど症状がなく、おりものに違和感があったり、不正出血なども確認されています。

放置してしまうことで、男性なら精巣上体炎や前立腺炎に、女性なら子宮頸管炎や子宮内膜炎・卵管炎・骨盤腹膜炎等を起こし、不妊や母子感染を二次的に引き起こしてしまう可能性もある危険な病気です。

また、無症状なこともあり、いつから感染しているかを特定しにくいという特徴も挙げられます。

淋病・クラミジア(性感染症 STI)の原因

淋病・クラミジアの感染経路図

基本的には性交・性行為が原因です。オーラルセックスでも喉に感染してしまい、咽頭クラミジアという感染の仕方も存在します。
詳しくは図をご覧ください。最悪の場合は、性感染症から不妊にもつながる可能性がもありますので十分注意をする必要がございます。

淋病・クラミジア(性感染症 STI)の検査

淋病・クラミジアの検査は、現在全てPCR検査となっております。抗原・抗体検査は実施しておりません。

<尿検査>男性
男性の場合は、尿検査によって感染の有無を調べます。感染していれば尿に菌を確認ができます。採尿時は、尿が出始める初めの方の尿のほうが望ましいです。
尿検査時には尿を溜めた状態でお越しください。

<膣内分泌物採取>女性
膣の分泌物を少量採取するだけで検査が可能です。特に準備をしていただく必要はございません。

淋病・クラミジア(性感染症 STI)の治療方法

【淋菌 】
抗生物質の点滴を行います。約30分ほどクリニックで点滴を行ってご帰宅いただけます。通常はこの一回の処置で治療が完了いたします。
セフェム系、テトラサイクリン系、マクロライド系内服薬や、セフトリアキソンの点滴加療などがあります。

【クラミジア】
抗生物質を使用します。服用期間は薬の種類によりますが、1週間程度続けて飲んでいただくだけで完了いたします。
マクロライド系、テトラサイクリン系、ニューキノロン系などの内服薬があります。
これらは、耐性菌を獲得している場合、ファーストチョイスでは効果不充分なため、セカンド、サードチョイスにてやっと完治する場合もあります。
性感染症、侮るべからず、です。

■淋病・クラミジアを起こさないための対策
淋病・クラミジアは性行為感染症です。つまり、基本的に性行為での粘膜直接接触が一番の原因となります。したがって、性行為(オーラルセックスも含む)時には、必ずコンドームを着用することで、お互いに感染のリスクを大幅に低下させることが可能です。

また一度治療をしたからといって100%治癒しているかは断言はできません。耐性を獲得しており、その抗生剤が効いていなかったというケースも散見されます。心配な方は治療が終わってから、もう一度検査にお越しいただくと確実です。



■淋病・クラミジアでお悩みの方は当院へご来院ください
当院では淋病・クラミジアの診察・治療も丁寧に対応しております。淋病・クラミジアはとても有名な疾患でありながら、無症状だったり症状がひどくないからと放置されてしまっている傾向がある性感染症です。前述したように、症状が進むと不妊に繋がることもある、とても危険な疾患です。少しでも違和感があったり、性行為後に不安がある場合は泌尿器科専門医の診断を受けることをお勧めいたします。


初診の方のご予約には24時間対応可能なWEB予約がお勧めです。
下記URLから予約が可能です。
ご予約はコチラから



文責
すがわら泌尿器科・内科クリニック 院長 菅原草

更新日
2022年1月