男性泌尿器科 男性泌尿器科

男性泌尿器科
MALE UROLOGY

男性泌尿器科とは

デリケートなお悩みも
話しやすい環境づくりを行います

当院では、排尿障害・頻尿・血尿・尿管結石・前立腺肥大症・前立腺がん・PSA高値・ED・包茎手術など泌尿器科全般の検査、診断、治療を行います。泌尿器科は自覚症状がない病気も多い領域です。少しでも気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

このような症状はありませんか?

  • 尿の切れが悪い
  • 残尿感がある
  • 排尿時に違和感がある
  • 陰部がかゆい
  • 膿がでる
  • 夜に何度もトイレに行く
  • 尿に血が混じっている
  • など

主な対応疾患

  • 前立腺肥大
  • 前立腺がん
  • 膀胱がん
  • 尿路結石
  • 尿道炎
  • 勃起不全
  • など

代表的な疾患

前立腺肥大

歳をとるにつれて、前立腺が次第に大きくなっていき、尿道を圧迫して尿が出にくくなる症状のことをいいます。重症化してしまうと、肥大が進み、膀胱に残る尿の量が増えて感染症や腎不全などの病気を引き起こす場合もあるため、注意が必要です。

前立腺がん

生活習慣の変化や高齢化により日本では前立腺がんに罹患される方が増加傾向にあります。前立腺がんは男性のがん罹患数1位となっており、進行に伴い骨への転移を来たすなど強い疼痛を生じることもあるため、専門医による治療を要する疾患です。

尿道炎

尿道炎は、細菌などが尿道に感染することにより引き起こされる病気のことをいいます。尿道炎=性病ではありませんが、性感染症のクラミジアや淋菌が原因となっている場合もあるため、きちんと検査を行い原因を明確にした上で治療を進めることが大切です。

当院ではその他にも幅広い治療に
対応しています

当院では排尿障害・頻尿などの泌尿器の基本的な治療はもちろん、女性のイメージが強い更年期障害やブライダルチェック、包茎手術などにも力を入れています。
気になる方はお気軽にご相談ください。

包茎手術

包皮が反転できない真性包茎と、反転できる仮性包茎とがあります。真性包茎は亀頭包皮炎を起こしやすく、不潔になりやすい状態です。陰茎癌との因果関係も報告されており、病的意義があり手術適応があります。
また仮性包茎は用手的に無理なく反転できるため、シャワー浴等で清潔にしていれば、病的意義はありません。美容的な意味合いで必要とされる方は手術の適応になります。

注意点

CAUTION

  • 患部に強い刺激を与えないようにしましょう
  • 術後、約束事は必ず守り患部の洗浄は欠かさないようにしましょう
  • 不安なことがあれば、必ず医師に相談しましょう

拡大鏡を使用した繊細な手術

当院では院内にオペ室を完備しており、手術中は拡大鏡を使用することで、より繊細な治療にも対応することが可能になります。
包茎手術は非常に繊細な技術を要しますので、拡大鏡を使用し、患者さんの負担を最低限に抑えられるよう日々治療を行っています。

包茎手術は自由診療の治療です

経験豊富な泌尿器科専門医が責任を持って手術にあたりますので、ご安心ください。
吸収糸を用いたタイトな縫合で、創部の跡が目立たない丁寧なハンドメイド手術を行います。
術後のフォローアップも万全です。

費用 110,000円(術前後診察含む)(税込)
※カウンセリングのみの場合は1,100円(税込)
来院必要日数 カウンセリング1日 + 手術1日
※術後フォローあり
手術時間 約1時間(準備、麻酔、執刀時間含む)
注意事項 当院ではアフターメンテナンスも含めた料金で包茎手術を行っております。術後最低3回は通院をしていただき、経過を観察します。しっかり跡がきれいになり安心できる最後まで責任を持ってフォローアップさせていただきます。

【アフターメンテナンスの内容】
創部を観察して、異変が無いか診察します。また、包帯の取り換えなども行います。

【起きる可能性のある合併症】
創し開・後出血・創感染などが考えられますが、どれも起きる可能性は低いものですのでご安心ください。また万が一起こった際も、責任を持って対処いたします。

男性更年期障害

更年期障害というと、女性特有のもののように思う方が多いかもしれません。しかしながら、男性でも加齢による男性ホルモンの低下(LOH症候群:加齢男性性腺機能低下症候群)、心身の過度のストレスなどが原因で更年期障害になり得ることがわかっています。早い方の場合は40歳~、典型的な場合は45歳~50歳前後で、下記のような様々な症状が現れるようになります。
男性ホルモンの量が低下しているかどうかは、血液検査で調べることができます。気になる症状、当てはまる症状がある方は、お一人で悩まずに一度当院までご相談ください。

注意点

CAUTION

  • 女性の疾患という認識をなくしましょう
  • うつ病と誤認されがちな疾患のため症状を感じたら医師に相談しましょう
  • 治療で改善する可能性があるため諦めずに治療を行いましょう

男性更年期障害
 チェックシート(AMSスコア)

該当する内容の合計点を確認してください。

訴えの程度 17~26点:なし、27~36点:軽度、37~49点:中程度、50点以上:重度

男性ブライダルチェック

ブライダルチェックとは、結婚前や結婚後の妊活時など、子供をつくる上で「自分の精子に問題がないか」「性病にかかっていないか」など検査を行い調べていくことをいいます。具体的には、精子検査(精子数、精子の運動率、奇形率等)、血液検査(性感染症や風しん抗体)などを行い、必要に応じて治療を行っていきます。

注意点

CAUTION

  • 産まれてくる赤ちゃんのために「風しん」の抗体検査を受けましょう
  • 妊活で不安なことがある際は、一度医師に相談しましょう
  • 時間に余裕を持って検査を受けるようにしましょう
費用 40,000円(税込)