各種検査・予防接種 各種検査・予防接種

各種検査・予防接種
EXAMINATION

各種検査について

幅広い年代、性別に向けた
あらゆる検査に対応

当院では、横浜市特定健康診断をはじめ、泌尿器科ドックや性病検査などにも対応しています。定期的な検査は早期発見、早期治療にも繋がります。検査内容や検査方法について、ご質問がある方はお気軽にお問い合わせください。

このような症状はありませんか?

  • 定期的に検査を受けておきたい
  • どんな検査なのか知りたい
  • 費用が気になる
  • 所要時間を教えてほしい
  • など

泌尿器科ドック

日帰り検査「泌尿器科ドッグ」に
ついて(※男性のみ)

増加の一途をたどる前立腺がんに対する「早期発見・適切治療」の大切さを社会に浸透させるべく NPO法人前立腺がん啓発推進実行委員会(PCEC‐Japan)が設立されました。

早期発見に必須である血液検査「PSA検査」の受診率を高めるなどして、前立腺がんでは死なない社会の実現に寄与することを目的に活動を広げています。

一般的な健康診断や人間ドックを受けられている方は多いと思いますが、多くの場合、膀胱や前立腺の検査は含まれていません。また、尿検査も赤血球や白血球の様子を顕微鏡で観察することまで実施しているケースもあまり多くはないようです。泌尿器も他の臓器と同様にがんを発症する可能性があり、自覚症状のないまま進行していくことも少なくありません。必ず定期的に泌尿器の検査も受けるようにしましょう。

泌尿器科ドック(男性のみ)
料金 11,000円(税込)
検査時間 40分
検査内容 尿検査、尿流量測定、直腸診、超音波検査、PSA(前立腺腫瘍マーカー)、国際前立腺症状スコア

主な検査方法

尿検査

いわゆる検尿です。コップをお渡ししますので、トイレで採取してください。

血液検査

生活習慣病を始めとする、各種疾患などをチェックします。

尿流量測定検査

いつも通り排尿していただくだけで、尿流量率と尿量を測定することができます。

心電図

高血圧、心不全、狭心症、心筋梗塞、不整脈等の診断に用いられます。

超音波検査

前立腺肥大症や胆石、尿路結石、腹部臓器がんなどを調べることができます。先端のエコーを取り入れ、鮮明な画像をモニターに映し出し、患者さんに一緒に見ていただきながら分りやすく説明を行っています。

軟性膀胱鏡検査

当院ではテーパリング加工がされている内視鏡を使用しているため、従来の硬性鏡に比べ、苦痛なく短時間で検査を受けていただくことが可能です。画像も鮮明で、死角なく膀胱全体を見ることが出来ます。

レントゲン検査

肺や心臓、腹部の検査が必要な場合には、レントゲン撮影も行います。

性病検査

当院は性病検査にも対応しています

性病検査は患者さんの症状やご希望に応じて検査を行っていきます。

ご予約なしで検査可能です

身構えず、お気軽ご来院ください。

性病検査とは…

主に、性器クラミジア感染症・淋菌感染症・HIV感染症・梅毒等の性感染症の検査を行っていきます。症状によっては複数項目の検査を受けることをおすすめします。

健康診断

横浜市特定健康診断について

対象となる人

横浜市国民健康保険に加入していて、令和4年3月31日までに40歳~75歳の誕生日を迎える方(75歳になる方は、誕生日の前日まで)が対象となります。
なお、上記条件を満たす人であっても、下記枠内の(1)~(9)に該当する人は、特定健康診査の対象とはなりませんのでご注意ください。

【特定健康診査の対象とならない人】

  1. 4月1日において、妊娠中の人、又は出産後1年未満の産婦の人
  2. 4月1日において、刑事施設、労役場、その他これらに準ずる施設に拘禁されている人
  3. 4月1日において、病院又は診療所に既に6ヶ月以上継続して入院している人又は、年度内において病院や診療所に6ヶ月以上継続して入院している人
  4. 障害者支援施設に入所している人
  5. 独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園の設置する施設に入所している人
  6. 特別養護老人ホームに入所している人
  7. 養護老人ホームに入所している人
  8. 有料老人ホームに入居している人
  9. 介護老人保健施設に入所している人

【生活習慣病等で現在治療中の方への
お願い】

既に糖尿病、高血圧症又は脂質異常症で服薬治療中や人工透析で通院治療中など医療管理が行われている場合は、特定健康診査を受診する前に受診の必要性について主治医とご相談ください。

予防接種

インフルエンザ

インフルエンザウイルスは感染力がとても強く、ワクチンだけで完全に予防できるものではありません。そのため、ワクチンの他に日頃の手洗いやマスクの着用などがとても大切になります。ワクチン接種の目的として、万が一感染してしまった際に軽傷で済むようにするという点がありますので、ご自身のためにも積極的にワクチン接種を行いましょう。

費用 3,600円

肺炎球菌

当院では肺炎球菌ワクチンの接種も行っています。何かのきっかけで肺炎など肺炎球菌感染症を引き起こす細菌は90以上の種類があります。日常でかかる肺炎で、一番多い原因菌が肺炎球菌といわれています。特に高齢の方は発症すると重症化する場合もありますので、ワクチン接種を受けておくことをおすすめします。

費用 8,800円

コロナワクチン
(※現在は実施しておりません)

当院では新型コロナワクチン接種にも対応しています。新型コロナワクチンは、当日明らかに発熱している場合(通常37.5度以上)や体調を崩されている場合は接種を受けることができません。接種方法等に関してご不明な点があれば、当院までお問い合わせください。